多汗症 治りました!

2015年02月24日

顔面多汗症 治療

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

今回は顔面多汗症の治療についてです。

私もかなりの顔面多汗症ですので、ここはすごく真剣になる部分です。

「半側発汗」という言葉を聞いた事がありますか?

顔面多汗症を抑えるには、半側発汗(はんそくはっかん)という作用を利用するといいと言われているんです。

半側発汗とは 「身体の片側に圧を加えると、反対の片側だけが発汗する」という作用のことをいいます。

具体的には、皮膚圧反射という手法を実施します。

半側発汗の特徴は、

「体の一部を圧迫することで、圧迫されている側の汗の量が減り、逆側の汗の量が増える」というものです。

半側発汗は、身体の左右上下の反対方向に作用するんです。

なので、顔の部の汗を減らす一つの方法としては、胸の周りを強く圧迫します。

そしたら、上半身が圧迫されて、顔や頭からの汗が減ります。

そして体の上下反対方向に左右しますから、体の下半身の汗の量が増えるという事になります。

私は着つけの先生で、よく着物を着ます。

その時に、胸の部分をヒモでギューっときつく締めてしまうと、たしかに顔とか頭は汗をかかないかもしれません。

でも、ちょっと具合が悪くなりやすいかも・・

でも、一理はあるなって思いました。

ただ、一回、着物を人に着せてもらって結婚式にいったとき、その着つけ師が、すっごく胸の部分をきつくヒモで結んだんです。

確かに、顔と頭には汗をかかなかったけど、結婚式の後半はすごく具合が悪くなってしまって、辛かったです。

適度な締め具合を知ると、顔面多汗症に効果がある方法だなって思いました。

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)


posted by 志都美 at 21:41| 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。