多汗症 治りました!

2015年01月10日

多汗症 心身療法

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

多汗症の心身療法

多汗症の治療方法には色々なものがあります。

その中の一つに、心身療法があります。

これは、多汗症は精神的なことに起因しているという考えからきています。

もし、貴方が多汗症で悩んでいて、汗に対して恐怖心や不快感を強く持っている場合、心身療法による治療を試してみるのもいいと思います。

私は、もともと手掌多汗症やわき汗がひどかったりした経験から、人前で汗をかくのがすごく怖い時期がありあmした。

多汗症は、汗を多くかくだけでなく、多汗症が原因で、人前に出ることが苦手になったり、人の視線が気になってしまう、といった精神的な病気の引き金になってしまう事があるので気をつけなくてはいけません。

私も小学校の頃、「手に汗をかく」という「手掌多汗症」で友達から「いつも手が湿っていて気持ち悪い」と言われ、いじめられたのをきっかけにして、かなりの多汗症になりました。

小学校の遊びって、友人同士で手をつなぐのが多いんですよね・・ふらふら

心身療法による治療

心身療法による治療では、カウンセリングを受けることで多汗症に対するマイナスな意識を変える治療方法や、交感神経や副交感神経などの自律神経のはたらきを整える訓練をする治療方法などがあります。

私も、大学での友人が男女問わず優しい人で、私が汗をかいてお尻が濡れてズボンに汗染みができていたり、脇から汗が垂れてきても、おおらかに受け止めてくれてから、精神的にすっごく楽になりました。

「私も汗かきでさー」

って普通に笑い話になる友人が多く、また彼も汗かきで、彼の前で汗を沢山かいても恥ずかしいという気持ちが無くなったのも精神的に楽でしたね。かわいい

「人前で汗をかいてもいいんだ」って思う事で、精神的にリラックスするようになりました。

私の汗対策

汗に対する対策もしっかりする事で、人前でも恥ずかしい思いをする事が少なくなり、気持ちが楽になりました。

経験から学んだって事ですね。ひらめき

色の濃い服を着る時は、汗をかきそうだったら背中にタオルを入れたりしました。

また、ハンカチは常にタオル生地のと普通のハンカチを持ち、タオル生地のは汗ふき専用に使っていました。

そうする事で、人前で手を拭いたりする時は、「普通のハンカチ」を使い、なんとなく安心しました。(汗を拭いてないハンカチという事で、清潔な気持ちになったんですね)

多汗症は、色々な原因があり多汗症になるのですが、やはり精神的な部分は大きいと思います。

精神的な部分をケアしたら全ての多汗症が治るという訳ではないのですが、でも、ある程度、多汗症は楽になると私は思います。

なので、私は個人的に久保田式多汗症改善7日プログラムはお勧めです。

精神的に楽になる方法のコツが色々と載っているので、

「ああ、確かに思った程、周りの人は自分の事を気にしていないな」

っと思ったり、緊張を解くコツとかが載っているので、「人前で緊張しての多汗症」という部分はこれを読んだら楽になると思います。

あくまで書物で、考え方を変えるポイントが載っているだけなので、人によっては効果がないかもしれません。

その場合は、一度、カウンセリングを受けてみるのもいいと思います。

ただ、現実問題、最近は、心が疲れている人が多く「診療内科」のカウンセリングが3カ月待ちとかのクリニックが多いで、なかなかすぐに診療を受けれないかもしれません。

実際、私の家の近くの診療内科はどこも「新患は、一か月〜三カ月待ち」でした。

でも多汗症は、ある程度は待てる病気なのでカウンセリングの予約を入れて、待っている間に、久保田式多汗症改善7日プログラムを読むというのも、一つの手だと思います。

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)


posted by 志都美 at 00:56| 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。