多汗症 治りました!

2014年11月23日

多汗症 ホルモン

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

多汗症とホルモンの関係

多汗症になる原因の一つに「ホルモンバランスの乱れ」というのがあります。

ホルモンとは体の機能を効率的に動かすために必要不可欠な成分になるのです。

このバランスが崩れると、多汗症を引き起こす原因になるのです。

ホルモンバランスとは?

主にホルモンバランスは脳にある視床下部という組織がコントロールしています。

視床下部は、自律神経のコントロールも行っているとても重要な組織です。

しかし、ホルモンバランスが崩れると、この大切な視床下部の働きが妨げられてしまうのです。

それと同時に、自律神経のコントロールも乱れてしまうのです。

自律神経のコントロールが乱れるのが原因で、体温調節の機能がうまく働かなくなって多汗症を引き起こしてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れる原因として考えられる要因

ホルモンバランスが崩れる大きな原因として、

*月経
*妊娠
*更年期障害


などが代表的なものとして挙げられます。

こうやってみると、どれも女性に多いものですよね。ひらめき

そうなんです。

女性の場合は、ホルモンバランスに乱れによる多汗症を引き起こす事が多く、多汗症は女性に出やすい症状とも言われているんです。exclamation

もちろん男性もホルモンバランスの乱れで多汗症を引き起こすケースもあります。

ホルモンバランスの崩れによる多汗症の治療方法

ホルモンバランスが崩れて、多汗症を発症した場合はの治療法としては、ホルモン剤などの薬物治療が一般的です。

この場合の多汗症の原因は、ホルモンバランスの崩れですから、治療でホルモンバランスが整えば、多汗症も改善されることが多いですよ。ぴかぴか(新しい)

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)


posted by 志都美 at 00:32| 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

多汗症 手術

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

多汗症 手術

多汗症の手術には、いくつか種類があるんですよ。
多汗症の手術は、多汗症の症状により手術法も変わるのです。

多汗症の手術の種類

多汗症の手術の代表的なものとして、以下の3つがあります。


*交感神経切除手術
*超音波手術
*ボトックス注射

かわいい交感神経切除手術

交感神経切除手術とは?

交感神経切除手術は、手足多汗症に効果的です。

手足多汗症の完治も望めると言われています。


手足多汗症以外の多汗症には効果がないと言われています。

交感神経切除手術の手法

交感神経切除手術は、交感神経を取り除く方法です。

全身麻酔を行い、脇の下に4〜5mmの穴をあけ、内視鏡下で手術をすすめていきます。

手術後も傷跡が目立たないと言われています。

かわいい超音波手術

超音波手術とは?

超音波手術は、わきがの治療にも行われている手術です。

脇の下の多汗症にもお勧めです。

超音波手術の手法

脇の下の汗腺を超音波で除去します。

脇の下の汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺があります。

アポクリン腺は一度除去すると再生はしません。
エクリン腺は再生することがあります。


この事から、わきがは完治に繋がりますが、多汗症は完治するのが難しいのです。

でも、多汗症の症状は手術で和らぐとは思います。

かわいいボトックス注射

ボトックス注射は、ボツリヌス菌の毒素成分を応用して作られたものです。

ボトックス注射をすることで筋肉や神経の伝達をブロックし、汗の分泌を抑えます。

ボトックス注射の施術時間は20分程度で手軽にでき、傷跡も残らず、痛みもほとんどないのです。

しかしボトックス注射の効果は、6ヶ月〜1年で薄れるので、継続してボトックス注射を行う必要があります。

このことから、多汗症の手術治療は、最終手段とされています。

医師と慎重に話し合い、手術をすることが望まれます。

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by 志都美 at 00:14| 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

多汗症 病院

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

多汗症と病院

私も多汗症で悩んでました。

手掌多汗症に、脇汗、全身の多汗症・・

多汗症の悩みは、本人にしか分からないもので、辛いものです。

そして、多汗症で悩んでた頃は、色々メンタル的な悩みも多かったので、多汗症がそれに追い打ちをかける感じで、辛い毎日でした。もうやだ〜(悲しい顔)

多汗症は何科?

多汗症で悩んでいて、いざ医療機関を受診しようとした時、何科に行けばよいのか分かりますか?

多汗症は、何科で診察してもらうか分かりづらいものですよね。

多汗症は、どのような治療法をするかによって専門科は変わってくるのです。

多汗症の治療を行っている病院・・・皮膚科

多汗症の治療を行っている病院の1つが「皮膚科」です。

皮膚からの発汗ですので妥当ですよね。ひらめき

多くの皮膚科では制汗剤を処方してくれます。

制汗剤が汗腺に作用して発汗を抑えてくれるのです

美容皮膚科

美容皮膚科も同じ皮膚科です。

しかし、美容皮膚科は、皮膚科の中でも美容に焦点をあわせているので、治療時間をかけてくれて、また治療費が高いので経済的に余裕が必要になるのです。

美容皮膚科での多汗症の治療は、ボトックス注射が主となり、継続的に続ける必要があります。

多汗症の治療を行っている病院・・心療内科

多汗症の原因と言われる精神的なものを取り除くためには、心療内科も受診可能です。

心療内科での多汗症の治療は、薬の処方が主になります。

ストレスなどの精神的な緊張を薬により緩和しているのです。

心療内科で処方される代表的な薬に

*抗うつ剤
*抗不安剤
*抗コリン剤


などが挙げられます。

多汗症の治療法にもさまざまな方法があります。

どのような治療を受けるかによって専門医が違ってきます。

自分の多汗症の症状の強さ、悩んでいる問題によって、医師と相談しながら自分の多汗症の悩みを理解してもらい治療方針を決定していくことが一番理想的です。

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by 志都美 at 00:57| 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

手掌多汗症 薬

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

私も手掌多汗症でした。
なので、手掌多汗症の人の気持ちが良くわかります。

手掌多汗症の場合、

「周りの人に不快感を与えているのではないか?」

という不安な気持ちが、さらに自分にストレスを加えてしまうんです。

手掌多汗症は、交感神経の働きが人より強いのが症状が現れる原因だと言われています。これに、ストレスが加わる事により、さらに、交感神経への過剰な刺激を与え、それによって手掌多汗症の症状が強く出てしまうという事が多いようです。

手掌多汗症の一時的な対処としても投薬を望む人は多いようです。

手掌多汗症の症状の治療に用いられる薬


手掌多汗症の症状を和らげるための薬として、抗不安薬が処方されます。

マイナートランキライザー

手掌多汗症の治療では、抗不安薬の一つである、マイナートランキライザーと言われる薬が、よく用いられます。

マイナートランキライザーは、手掌多汗症の人が服用する事で、ストレスの影響を強く受ける手掌多汗症の症状に一時的な効果が認められます。
そのため、マイナートランキライザーは、薬の効果による精神的な安定から手掌多汗症の症状を緩和させる効果が期待できるのです。

マイナートランキライザーのデメリット

しかし、手掌多汗症の症状を緩和するためのマイナートランキライザー薬の服用は、効果に個人差が激しいようです。

また、薬の副作用として

*便秘傾向
*胃腸障害
*喉の渇きを感じる


などがあるようです。

手掌多汗症の治療としてマイナートランキライザーの服用を考えた場合、個人の体質に合うかどうかが一番大きな検討要素となると思います。


ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by 志都美 at 00:56| 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

手掌多汗症 漢方薬

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

手掌多汗症の治療に漢方が用いられる場合もあります。

お医者さんの中にも、漢方を積極的に用いている方もいます。

漢方を専門に扱っている薬局もあります。

漢方は副作用もありますので、安易に自己流でやらず、必ず薬の知識のある専門の人の処方を受けましょう。

東洋医学の考え

東洋医学では「気の流れ」を重視します。

「気」とは、身体や心のエネルギーの流れのことを言います。

そして、この「気」が順調に流れないことが諸病の原因になると見ているのが東洋医学です。

その気の流れを良くするために用いるのが漢方です。

手掌多汗症に効果がある漢方薬

手掌多汗症に効果があると言われている、漢方薬をいくつ紹介しますね。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

防已黄耆湯は、良く使われるな漢方薬です。

・色が白い
・水太り
・疲れやすい
・汗をかきやすい
・足が冷える
・下肢にむくみがある

などの人に用いられる漢方です。

桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)

桂枝加黄耆湯は、

・体質が虚弱で、風邪をひきやすい子供や老人

によく用いられる漢方です。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

柴胡桂枝乾姜湯は、顔や手、脇の下など上半身の多汗に効果があると言われている漢方です。

・体質が虚弱な人
・体力が弱っている場合


などに使われます。

五苓散(ごれいさん)

五苓散は、

・むくみがある
・のどが渇く
・汗が出やすい

などの場合に使われる漢方です。

龍胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

龍胆瀉肝湯は、比較的体力があるが、肝臓の機能に障害があり、手のひらや足の裏に汗をかく場合に使われる漢方です。

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by 志都美 at 00:00| 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。